同人を楽しむには

漫画が好きだったりとても興味があったり、そういった方々であれば一度は同人と言う言葉を聞いた事があるかもしれません。
しかしそこまで漫画やアニメなどといったサブカルチャーに興味がなければ分からない方が多いです。
同人とは本来の意味ではほとんど使用される言葉ではありません。
現在では同人誌や同人ゲームや同人音楽を作る人々を指している言葉となっています。
作る方々や集団は同人サークルと呼ばれ、プロやアマ問わずに色々な方々が作品を同人として発表しています。
オリジナル創作から二次創作まで様々が存在しており、作る人と求める人で成り立っている界隈が同人なのです。
全国どこでも行われている同人誌即売会や、年に二回行われる世界最大の同人イベントであるコミックマーケットで、作られた創作物を購入する事が出来ます。
しかし一般の販売店では同人漫画や同人音楽などの作品は、購入する事が一切不可能となっています。
何故なら同人は自由な発想で創作が出来るからこそ、一般のルートでは販売される事がないのです。
購入するのであれば、事前に場所を調べ販売場所まで行くか、通販を利用するかという方法になります。

特に人気がある同人創作物は、何と言っても同人漫画になります。
同人漫画はプロやアマ問わずに誰でも描けますし、そしてそれを一つの本にして公開する事が可能です。
所謂自費出版になりますが、自分の作った同人漫画を印刷所に依頼をして一つの完成された本にする事も出来てしまいます。
そしてその本は同人漫画ファンの手に渡り、結果色々な方に自分の作品を見てもらう事が出来るのです。
同人漫画は無料で頒布しても大丈夫ですが、基本的には同人誌即売会などで値を付けられて販売されている事が多いです。
自費出版という事もありますので、同人漫画一冊あたりの料金は通常の一般漫画より高額となっています。
しかし、それでも同人漫画には同人ならではの魅力があるので需要は高いです。
魅力があるからこそいくら一冊の値段が高額であったとしても、人は購入してしまうのです。

同人漫画には全年齢を対象にした作品と、性描写を多く含む年齢指定がある成人向け作品があります。後者しかない様に勘違いされがちですが、そう思ってしまうのは成人向け作品が多いからなのです。

成人向け作品には15禁と18禁が存在していますが、15と18の境目はその同人漫画の性描写の表現によるのです。その微妙な境目となる表現を楽しめるのも、同人ならではの楽しみ方となっています。

同人漫画にはオリジナル創作と二次創作と呼ばれる種類に分ける事が出来ます。どちらも人気ではありますが、特に二次創作は現在同人を代表するジャンルとして確立されています。

同人漫画と言えば、男性向け且つ成人向けばかりと思われています。しかし実際には男性向けより女性向けの方が成人向け作品は多くあります。エロは男女共々同人であれば何も気にせず楽しめるのです。